ニュースリリース

職場と連携した外部EAPの積極的活用でメンタル不調を抑制

~ 「ピースマインドEAP」導入企業調査結果 ~

 

 メンタルヘルスサービスを提供する株式会社ピースマインド(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻原国啓、以下ピースマインド)の調査・研究組織「ピースマインド総合研究所(所長:渋谷英雄)」は、法人向けメンタルヘルスサービス「ピースマインドEAP」2009年度の利用実績を調査・分析した結果、職場と連携したEAPの積極的かつ継続的な活用により、メンタル不調を示す従業員が減少していることを確認しました。

 本調査は、ピースマインドEAPが企業のメンタルヘルス対策に、どのような効果をもたらしているかを分析・解明するために、契約企業188社(従業員数約75万人)を対象に2009年4月から2010年3月にかけての利用実績データから実施しました。

 

■■ 調査結果のポイント ■■

1. “高ストレス”にある従業員は、全体の10%強 (図1)
 ストレス診断ツール「こころの健康診断」結果から、“高ストレス”を示す従業員は全体の10%前後であり、前年度(2008年)から微減傾向にあった。業種別にみると、特にIT業やサービス業での減少率が大きい。

2. さらに業務上の強い負担が背景にある“要ケア”従業員は、全体の約3% (図2)
また“高ストレス”にあり、かつ業務上の強い負担(過重労働など)が背景にある“要ケア”に該当する従業員は、全体の約3%であった。“要ケア”とは早急にケアを必要とする従業員の割合となる。

 


図1. “高ストレス”を示す従業員の割合
 


図2. “要ケア”に該当する従業員の割合

 

注釈)
※ “高ストレス”・・・「イライラ、不安、ゆううつ感」などの心理面や、「めまい、目の疲れ、肩こり」などの身体面のストレス反応を示している状態
※ “要ケア”・・・先の“高ストレス”を示し、かつ業務上の強い負担が背景にある状態。業務起因が疑われ、組織対応により改 善が期待できる

3. 4年以上EAPと連携したメンタルヘルス対策を継続することで、“要ケア”従業員が大幅に減少(図3)
 外部EAPと連携し4年以上メンタルヘルス施策を継続している企業は、3年以下時点での“要ケア”従業員割合が3.9%であるのに対し、4年以上で3.1%と減少していることが分かった。

 


図3. “要ケア”従業員の割合(EAP活用期間別)

 

4. 従業員のEAP利用率の上昇 (図4)
 従業員のカウンセリング利用率は、2008年度4.3%から2009年度7.0%へと大幅に上昇した。業種別では、IT業とサービス業に大きな上昇がみられた。これら2つの業種は1.の“高ストレス”にある従業員の減少率が大きく、カウンセリングの利用がストレスの低減に影響していると考えられる。
 なお、従業員向けに提供している啓蒙型EAPポータルサイトの利用率(全体)は、2008年度、2009年度とも約200%と、一人あたり年間平均2回アクセスしている数値が示された。また、サイト内のセルフチェックツールの利用は、2008年度、2009年度とも約58%と高い利用率が確認された。特にIT業では、利用率が全体の2倍近い値となり、インターネットを通じた1次予防ツールへの高い親和性と関心がみられた。

 


図4. カウンセリング利用率の変化(業種別)

 

注釈)※ 利用率・・・利用件数/対象従業員数として件数ベースで集計

 

■■ まとめ、考察 ■■

・従業員の約10%が“高ストレス”な状態にあり、かつ業務上の強い負担が背景にある“要ケア”の従業員は約3%にのぼる
・職場と連携したEAPを4年以上、継続的に活用する企業では、“要ケア”の従業員が大幅に減少する
・EAPのカウンセリングや1次予防WEBツールは高い利用率があり、特にIT業では全体の2倍の関心を示した

 上記のように、職場と外部EAP機関の連携を強化し、積極的かつ継続的に従業員のメンタルヘルス支援を行うことで、メンタル不調者の増加を抑制できることが明らかになりました。
 また今回改善のみられた企業が行ってきた職場のメンタルヘルス施策は以下の通りです。

<EAP導入企業の、職場と連携したメンタルヘルス施策例>
・ ストレス診断「こころの健康診断」の個人・組織へのフィードバックを実施
 ‐ 個人 : 要ケア従業員へのカウンセリングの実施 
 ‐ 組織 : 管理職合同のメンタルヘルス施策検討会の実施
・ 高リスク部門を担う管理職への対策コンサルテーションの実施
・ 管理職・人事向け「マネジメント・サポート相談」の実施
・ メンタルヘルス不調者への「ラインケア」/「復職カウンセリング」の実施
・ 新入社員、管理職への「従業員向け体験カウンセリング」の実施
・ メンタルヘルスの1次予防のためのWEB「セルフチェック」ツールの提供

 ピースマインドでは、今後もピースマインドEAPの利用実績調査を行い、効果検証を行うことで、サービスの向上に努めてまいります。

■ ピースマインドEAP とは http://www.peacemind-eap.com/
 ピースマインドEAPは、カウンセリングとコンサルティングによる個人と組織双方の「成長支援」サービスです。
 働く人・家族への年間2 万ケースを超えるカウンセリング実績と、組織への400 社を超えるコンサルティング実績を基に、働く人一人ひとりと組織全体のメンタルヘルスを高め、双方のパフォーマンス向上を支援します。


お問い合わせ