ニュースリリース

ピースマインド・イープ、被災地復興支援の一環として仙台のメンタルヘルス機関と提携、被災地支援拠点を開設

~ 地元の復興を地元の専門家と共にバックアップ ~

 

 メンタルヘルスサービスを提供する、ピースマインド・イープ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:荻原国啓、以下ピースマインド・イープ)は、東日本大震災の被災地復興支援の一環として、宮城県仙台市を拠点とする一般社団法人メンタルパイロテージジャパン オフィスろごす(宮城県仙台市、代表理事:吉田香里、以下オフィスろごす)と業務提携し、東北地方の被災地支援の拠点として「ピースマインド・イープ仙台提携オフィス」を、7月12日に開設します。
 今回の提携により、被災地の企業に対する支援強化はもちろん、被災地のメンタルヘルス関連団体やカウンセラーとの連携も強化し、地元の専門家と共に被災地の復興支援に取り組みます。

 

■ 被災地企業からの長期にわたる支援要請

 3月11日の東日本大震災以降、ピースマインド・イープでは、経過に応じた復興支援活動を継続して行っており、震災後の心のケアに関する研修を利用した企業はこの3カ月で50社を超えました。特に、被災地に拠点のある企業もしくは被災地に従業員を派遣している企業からの要請が多く、長期に渡る継続的な支援が求められています。

 

■ 地元の専門家と共に被災地企業の復興支援に取り組む

 被災地の復興への長期的な支援要請に応えるためには、被災地以外からの一方的な支援ではなく、被災地の地元の事情に即したケアを地元の専門家と連携して行っていくことが必要と判断しました。そこで、宮城県仙台市を拠点に企業や行政機関へのメンタルヘルスに関するコンサルテーションやカウンセリングに実績のある、オフィスろごすと業務提携し、オフィスろごす内に「ピースマインド・イープ仙台提携オフィス」を開設、被災地支援の中心拠点としてサービスを提供していくことにしました。

 

<一般社団法人メンタルパイロテージジャパン オフィスろごす>

住所    : 宮城県仙台市青葉区本町1-9-5五城ビル3F
電話/FAX : 022-724-0234 / 022-725-2030
代表理事  : 吉田 香里(精神保健福祉士、臨床心理士)
事業内容  :
 人生における様々な隘路に差し掛かったときに、専門職の知恵と経験を結集し、こころの水先案内(メンタルパイロテージ)を務めることによって、人々の健康と福祉に寄与することを目的として設立されたメンタルヘルス専門機関。企業や行政機関へのメンタルヘルスに関するカウンセリング、コンサルテーション、スーパーヴァイズ、ソーシャルワークサービスを提供している。
ホームページ: http://www.imienoishi.jp/

【オフィスろごす 代表理事 吉田香里氏コメント】
「今回の震災で私たちは、法人としてもそれぞれの個人としても、発災直後から、全国そして海外からも、物心さまざまな形でご支援をいただいてまいりました。本当に本当にありがとうございます。これからは、共に被災した私たちだからこそ、また私たちであるがゆえに、応えることのできる要請に対して、この皆さまからいただいたエネルギーを注いでゆく所存でございます。現在私どもがもっともメンタルヘルスケアが届きにくいと感じているのは、被災しながらも通常勤務をこなしている方たちです。なかには、この数カ月間ずっと避難所から通勤しつづけている方たちもいらっしゃいます。ここに、ピースマインド・イープとの業務提携により、これら就業者の方たちとアクセスするための水路が少しでも掘り進めることができれば幸いです。」

 

<業務提携内容>

・震災後の職場のストレスケアサービスで業務提携し、東北地方の被災地支援の中心拠点として、オフィスろごす内に「ピースマインド・イープ仙台提携オフィス」を開設
・ピースマインド・イープの契約企業の東北地方の事業所で働く従業員および現地派遣社員へのメンタルケアサービスの対応を強化
・メンタルヘルスに関する専門家同士の情報交換、ノウハウの共有と被災地支援への活用の浸透

 今後も、東北地方の地元のメンタルヘルス関連団体との協業も積極的に行い、震災後の経過に応じた復興支援活動を継続してまいります。被災地の皆様の1日も早い復興を心より祈念申し上げます。


お問い合わせ