ニュースリリース

「“ソーハラ”危険度チェックリスト」を当社ウェブサイト上に情報公開

~ 職場で増加中のSNSコミュニケーショントラブルを回避するには? ~

 

 EAP(従業員支援プログラム)事業を手掛けるピースマインド・イープ株式会社(以下、ピースマインド・イープ)はこの度、職場でのハラスメントやトラブルを防止するためのチェックリストをまとめ、当社コーポレートウェブサイト上 の「コンサルタントコラム - ビジネス×心理学」ページに情報公開いたしました。
 昨今、企業においては、会議、朝礼、電子メールなどの従来の社内情報共有の方法以外に、グループウェアやブログ、SNSなどの新ツールを利用してのコミュニケーション方法が登場してきています。メンタルヘルスの現場では、この新しいツールを使ってのコミュニケーション方法、とりわけSNSでのコミュニケーションにストレスを感じる人やツールを上手く使いこなせず困惑する人からの訴えを多々聞くようになりました。また、こうした新ツールでのコミュニケーションをめぐって、以前は存在しなかったようなトラブルが職場の対人関係において発生しています。
 上記のような相談の増加を受け、当社は「“ソーハラ”(ソーシャルメディアハラスメント)危険度チェックリスト」を作成いたしました。本チェックリストは、職場での場面を想定し、上司側と部下側に分けてSNSを使ってのコミュニケーションの際に気をつけるべきポイントを挙げており、ウェブサイト上で簡単にチェックできる仕組みになっています。現在、まさに上記のような悩みをお持ちのビジネスパーソンにご活用いただき、職場でのトラブル防止に役立てていただきたく思います。

 

■「SNSコミュニケーションによるトラブル防止対策」(「コンサルタントコラム -ビジネス×心理学」)
 http://www.peacemind-jeap.co.jp/seminar_and_topics/business_psychology/6936.html
■「“ソーハラ”危険度チェックリスト」
 http://www.peacemind-jeap.co.jp/seminar_and_topics/business_psychology/6936.html#check


お問い合わせ