ニュースリリース

メンタル不全による休職者の職場復帰と周囲のサポートを支援する 休業者職場復帰支援プログラム「メンタルarmo[アルモ]」を開発

~ 2008年5月29日からサービストライアルを開始 ~

 

 株式会社ピースマインド(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻原国啓、以下ピースマインド)と、株式会社プロシーズ(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:花田隆、以下プロシーズ)と株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役社長:小室淑恵、以下ワーク・ライフバランス)は、メンタルヘルス不全による休職者を対象にした職場復帰支援プログラム「メンタルarmo[アルモ]」に関して制作協力することで合意いたしました。2008年5月29日より各企業の人事部・ダイバーシティ推進担当部・労務部などを対象にトライアルサービスを開始いたします。

 「メンタルarmo[アルモ]」は、プロシーズとワーク・ライフバランスが共同開発し、2006年10月に販売開始した育児休業者職場復帰支援プログラム「armo[アルモ]」※1の対象者を広げたWEBを活用した新サービスです。メンタルヘルス不全による休職者が復職するまでに必要な情報を提供し、職場復帰や再発防止へとつなげるほか、休職者だけではなく、上司・同僚・会社(人事部)・家族にも正しい知識を提供し、休職者への適切な対応ができるよう支援します。

 企業のIT化・知的労働の増加に伴い、働く人のストレス負荷が年々増大するなか、ストレスに起因する心身の疾患を予防する重要性がますます高まっています。うつ病をはじめとする、メンタルヘルス上の問題を抱え、1ヶ月以上休職している従業員がいる企業の割合が約6割に上るとの調査結果もあります。※2しかし、従業員が休職した際に職場復帰まで見据えたプログラムを用意している企業は少ないのが現状です。これらメンタルヘルス不全による休職者向け職場復帰支援のニーズに応えるため、メンタルヘルスケアのパイオニア企業であるピースマインドと、「育児版armo[アルモ]」で培った休職者と企業を結ぶノウハウをもつプロシーズとワーク・ライフバランスが協力し、「メンタルarmo[アルモ]」の開発に至りました。

 今後、2008年9月に本格的にサービスを開始した後は、更なる利便性向上と利用者の拡大を目指し、サービスの一層の充実に向けて努力してまいります。

※1:休業者職場復帰支援プログラム「armo[アルモ]」は、近年「ワーク・ライフバランス」という考え方に脚光が集まる中、すべての従業員の方々が自分らしく個性を生かして働き、高い成果を上げるため、プロシーズとワーク・ライフバランスが育児休業者の職場復帰プログラムとしてスタートさせました。armo[アルモ]はフランス語で「調和」を意味する「harmonie(アルモニー)」から生まれた造語で、仕事と家庭、企業と個人の調和から相乗効果を生み出すワーク・ライフバランスの実現を目指しています。
※2:労働行政研究所(東京)調べ 2008年1-3月、全国の上場企業など約4100社を対象に実施、250社から回答。

【 サービス概要 】
企業と休職者とのコミュニケーションを図り、休職者のメンタル面のケアを充実させ、企業と休業者双方の休職から復職までをサポートします。

サービス名称  : メンタルarmo[アルモ]
サービス開始日 : 2008年5月29日
サービスメニュー: ①情報共有WEBツール(企業ボード、スケジュール、お知らせ機能)
          ②セルフケアツール(セルフチェックツール、e-ラーニング、お役立ち情報、カウンセリング)


お問い合わせ