ニュースリリース

介護のQ&Aコミュニティサイト「 安心老後 」にストレスチェックのコンテンツ提供開始

~ 介護によるうつ病の早期発見・早期予防に役立つセルフチェックツール ~

 

 メンタルヘルスサービスを提供する株式会社ピースマインド(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻原 国啓、以下ピースマインド)は、株式会社エス・エム・エス(本社:東京都港区、代表取締役社長:諸藤 周平、以下エス・エム・エス)が運営する、介護のQ&Aコミュニティサイト「安心老後」(http://ansinrougo.jp/)に、介護者のストレス状況をチェックする新コンテンツ「ストレスチェック機能」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 日本では急速に高齢化が進み、要介護認定者数も年々増加していますが、その一方で、介護施設や介護従事者の数は慢性的に不足しているという現状があります。そのため、自宅で介護をする家族の負担はよりいっそう増大し、介護に関する悩みや問題を相談できる場が少ないこともあり、介護現場では疲弊感や不安感が高まっています。厚生労働省研究班「平成18年介護者の健康実態に関するアンケート」によると、在宅介護者の4人に1人が軽いうつの状態であり、さらに、介護者の年齢が50歳前後の場合で約2割、65歳以上のいわゆる「老老介護」の場合で約3割の方が「死にたいと思ったことがある」という深刻な結果が報告されています。

 このような背景のもと、介護に対する不安を軽減することを目的として、介護のQ&Aコミュニティサイト「安心老後」が開設されましたが、問題を一人で抱えがちな介護者が、自らの心身の不調とセルフケアに意識を向けることが介護生活を送る上で重要であることから、自分自身のストレス状況をWEBサイト上でいつでも簡単に確認できる「ストレスチェック機能」を新たに追加することとなりました。「ストレスチェック機能」(下図)は、「悲しくないのに突然涙が出る」、「常にそわそわした感じがある」など、10項目の質問に「はい/いいえ」で回答するチェックテスト形式で、結果が3段階の介護ストレス度で示されます。介護者が自身のストレス状況を客観的に把握できるため、介護によるうつ病を未然に防ぐ効果も期待されます。

 ピースマインドでは、組織や個人のメンタルヘルス対策をトータルにサポートしてきた実績とノウハウの蓄積を生かし、豊かな高齢化社会の実現に寄与していくと共に、今後も広範なメンタルヘルスニーズにお応えできるよう、更なるサービス開発・向上に向けて努力してまいります。

【 ストレスチェック機能 画面イメージ 】


お問い合わせ