HOME » サービス » 研修・トレーニング » 次世代リーダー

次世代リーダー

次世代リーダーを育成する研修・トレーニング

新任管理職から経営幹部まで、「人の上に立つ人」が身に付けておきたい、心理と行動マネジメントの研修プログラムです。自分自身のストレスマネジメントはもとより、部下のメンタルヘルスマネジメントや、組織内の対立解消、上に立つ者としての影響力の発揮の仕方など、ユニークなラインナップを有しています。

セルフケア研修(ストレスマネジメント系)

この研修ではメンタルヘルス基礎知識と自身の性格的な観点から、ストレス対処を学びます。セルフケア研修の基礎編となり、社員だけではなく、部下を管理する管理監督者自身も必要なプログラムです。

リラクセーション研修(ストレスマネジメント系)

過重労働、労働者の「うつ」は、単なる社会問題ではなく、職場の戦力維持、生産性の視点から注目されています。ストレス・マネジメントについて学ぶことはセルフケア実践への出発点であり、従業員が研修の機会を持つことは企業の安全配慮義務履行の推進に役立ちます。

部下のメンタルヘルス研修(基礎)(ストレスマネジメント系)

メンタルヘルス対策のゴールは、管理職層によるラインケア実践の定着化です。この研修は定着化への入り口に相当し、コンプライアンス、リスクマネジメントおよび生産性維持向上の観点からのラインケアの基本および具体的実践的な知識・スキルが身につきます。

部下のメンタルヘルス研修(応用)(ストレスマネジメント系)

メンタルによる休職者の事例は発生頻度からして一職場、一組織にノウハウを蓄積するのが困難です。しかし一度発生すると関係者の連携が十分に進まないことがあります。不用意な排除につながらないように、正しいメンタルヘルスケアの基礎知識を持つことが期待されています。

部下のメンタルヘルス研修(復職)(ストレスマネジメント系)

休職から復帰してもすぐ会社に来なくなってしまい休職を繰り返す部下や、本人による申し出や復職可という診断書が出ていても、とても復職できるようには見えない従業員も見受けられます。そういった場合の対応の仕方や会社判断についてのポイントを学ぶことができます。

職場のクライシス・ケア研修(ストレスマネジメント系)

職場惨事の混乱時には組織全体のチームワークが損なわれ、更にこのような体験をした従業員が体調を崩す可能性も高まるというデータがあります。タイムリーかつ適切な介入は、このような事態によって起きうるメンタル面の混乱からの回復を効果的にサポートすることができます。

レジリエンス・ビルディング®(ポジティブ系)

本プログラムは、個人に本来備わっている「レジリエンス」を強化することで、個人の職場やチームへの適応力や問題対処能力を向上させ、結果として組織全体のレジリエンスを強化し生産性を向上させるプログラムです。特に今日、日本企業のグローバル化の益々の進展に伴い必要とされる多様性への順応力や、急激な環境の変化やスピードへの適応力の備わった人材作りにおいて非常に有効です。

ポジティブ・ステージ研修(ポジティブ系)

自律型社員の育成を目的に、メンタル面の強化(メンタルタフネス)、困難に打ち勝つ力(レジリエンス)、問題解決力(解決志向)をピースマインドの専門である心理学的アプローチにより育成します。

「強み」を活かすマネージャ研修(ポジティブ系)

企業の将来は中間管理職であるマネジャーにかかっているとよく言われます。しかし、現実にはプレイングマネジャーが多く、自分で実績も出さなければならず、しかもチームとしての成果もださなくてはならない。そんな重責が多くのマネジャーの背中にのしかかっています。そこで、最も有効なのが、チームメンバーの「強み」を活かしたマネジメントです。本研修では、メンバー各人の「強み」を活かすことにより、自発的な人材を育成し、業績を高めることを目指します。

「強み」を活かすチームビルディング(ポジティブ系)

昨今の厳しい環境下、多くの組織がいかに「弱み」を克服するかという課題に取り組んでいます。チームの中でも各メンバーの「弱み」にばかり注目してしまい、チームが持っている潜在的な「強み」が発揮できないケースが多く見られます。本研修ではチームメンバーが今すでに持っている「強み」に焦点を当て、それを発見して活かす方法について理解していただきます。今持っている「強み」を活かすことで、チームを活気付け、パフォーマンスも向上させることが出来ます。

アクティブ・リスニング(傾聴スキル)研修(コミュニケーション系)

重要な情報を選択して意思決定を下すことが仕事では求められます。一方で対人関係においては「傾聴力」が重要であると言われるようになりました。この二つの聴く力を場面に応じて使い分けることができるようになることが期待できます。

職場のアサーション(自己主張)研修(コミュニケーション系)

言いたいことが言えなかったり、つい相手を傷つけることを言ってしまって後悔したりすることが多いと、ストレスで健康を害しがちです。自分の気持ちや意見を適切に伝えられるようになることで、自分も周囲もより働きやすくなるような効果が期待できます。

職場のコンフリクトマネジメント(対立解消)研修(コミュニケーション系)

職場のいざこざや対立は表面化していなくても隠れたコストになり、職場の生産性にマイナスの影響を与えます。この研修にて、対立関係への介入方法や解消方法を学ぶことで、隠れたコストの削減だけではなく、チームワークや協力関係の醸成にも役立てることができます。

インフルエンス・スキル研修(コミュニケーション系)

複雑化するビジネスの中で好業績を出すためには、権限の及ばない社内の関係者や文化の異なるビジネスパートナーなどの味方を多く作り、協力を得ることが必要です。影響力と説得力に焦点を当て、多方面の関係者をプロセスに巻き込んでいくための新しいコミュニケーションスキルです。

チームワーク強化のMBTI研修(コミュニケーション系)

MBTIは、Myers-Briggs Type Indicatorの頭文字で、世界で最も活用されている自己理解と他者理解のためのツールです。チームメンバーの相互理解を通じてチームワークのレベルを高めることを目的として、よく利用されています。

職場のハラスメント防止研修(ハラスメント系)

ハラスメント(職場のいじめ)は就業環境を悪化させ、モチベーションの低下や離職率の増大を招きます。まずは管理職を含めた全社員がハラスメントについて正しい知識を身につけることが、組織的なハラスメント防止の効果を挙げるための出発点になります。

アンガー(怒りの)マネジメント(ハラスメント系)

セクハラやパワハラ防止の研修を受講し、法的リスクなどを理解していてもつい部下に対して大きな声を出したり、攻撃的な態度をとってしまうことがあります。自分の気持ちや行動に客観的に向き合うノウハウを学び、管理職やリーダーとして活躍し続けることを目指します。

異文化コミュニケーション(グローバル系)

日本人が外国人とコミュニケーションをとる際に、文化基盤の相違から、自分自身の考え・主張を伝達し切ることができないため、相互理解に基づく信頼関係構築への阻害要因となります。そのことが直接的に、ビジネス推進への大きな障害になることが多々発生しています。自分の考え、意見を明確に意識し、それを異文化の相手に対して「論理的」かつ「具体的」に説明し、相手の理解と納得を引き出すための技術を学びます。

ワークライフバランスマネジメント研修(その他)

自分の時間を使うことは自分の命を使うことです。そのためには自分の使命を知り、自分自身をどうコントロールするかが問われます。生きがいのある豊かな人生を送るための考え方や生き方を学ぶことで、自分が何のために生き、何を大事にしたいのかを整理しやすくなります。

トランジション(組織改革)マネジメント(その他)

組織改革の目的を達成するには組織の構成員に改革の目的を理解かつ共有させること、及び変革への心理的な抵抗を和らげつつ組織改革に対応可能な意識改革を同時に進める必要があります。人々が変化を受け入れ、前向きに取り組んでいくために管理者には何が求められているかを学びます。

研修目的・対象からプログラムを選ぶ – 5つの主要テーマ

御社の人材育成課題・研修目的・対象に応じ、豊富なラインナップから、効果の高い研修をご提案いたします。

目指す姿「元気に働き続ける人材」「次世代リーダー」「グローバル人材」「多国籍名職場」「伸びる若手」元気に働き続ける人材 次世代リーダー グローバル人材 多国籍な職場 伸びる若手
お申し込み・お問い合わせ
ピースマインド・イープ 営業部
電話 : 03-4530-8656
FAX  : 03-3541-8655
お問い合わせはこちら