サービス

職場のハラスメント防止対策

職場のハラスメント対策をトータルサポート

EAP(従業員支援プログラム)を提供するピースマインド・イープ株式会社(以下、ピースマインド・イープ)は、近年急増する「職場のいじめ・嫌がらせ」を防止するため、「職場のハラスメント対策サービス」を強化いたしました。ピースマインド・イープでは、職場のハラスメント対策を企業全体の生産性の観点から捉え、心理・行動科学的アプローチによる防止策、発生後の介入、コンサルテーション、再発防止までトータルなサポートを提供いたします。

「職場のハラスメント」の最新動向
急増する職場のいじめ・嫌がらせに関する相談

都道府県労働局等におけるハラスメント(職場のいじめ・嫌がらせ)に関する相談は、平成22年度には、相談全体の件数246,907件の内、16%の約39,500件となっており、5年前(平成17年度)の2倍以上、8年前(平成14年度)と比べると約6倍も増加しています。

都道府県労働局等への相談の推移
労災認定基準変更により増加する労災請求件数

「職場のハラスメント」に関する労災認定基準も平成23年12月に改定され、労災申請件数の増加に伴い、セクハラ、パワハラの判断例が明確になり、今後請求件数の増加が予測されています。ハラスメントは通常の対人関係のトラブルに止まらず、企業、職場、被害者、ハラッサー(ハラスメントの加害者)に大きな影響を与える、経営上の重要課題としてとらえられてきています。

初の「パワハラ」公式定義で明るみになった「職場のパワーハラスメント」対策の必要性

職場の「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」が、近年、社会問題として顕在化してきていることを踏まえ、2012年1月30日に厚生労働省から報告された「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」において、公式に初めて「職場のパワーハラスメント」が定義されました。

「職場パワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職場上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適性な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう」

同報告で、社内および外部専門機関との連携による職場のパワーハラスメントの予防と解決、再発予防の必要性が提言されたように、今後益々企業において、職場のハラスメント防止対策が必要になってくると思われます。

「職場のハラスメント対策」におけるピースマインド・イープの優位性

EAP(従業員支援プログラム)コンサルティングの草分けであるピースマインド・イープでは、創業より職場のハラスメント防止対策に積極的に取り組んでまいりました。国際ミディエーション研究所との提携により、職場の人間関係におけるコンフリクト(葛藤)の早期解消のノウハウを日本でいち早く企業に導入したことをはじめ、ハラスメント防止のための管理職・一般社員への研修、相談を受けた人事・管理職への対応コンサルティング、従業員からの相談、ハラッサーへのコーチング、再発予防のコンサルティング等を通じ、職場で具体的に役立つノウハウを企業に提供してきております。

研修・トレーニング 戦略パートナー – グローバルネットワーク

今後益々、職場のハラスメントの増加と解決がより困難になっていくことが予測されていく中で、当社はこれまでの経験や専門性を活用し、心理・行動科学的な視点で職場のハラスメント対策を支援するサービスを強化いたしました。最新の労務問題対応の手法を取り入れ、心理・行動科学をベースにした研修、解決のためのコンサルティングを提供し、ハラスメントのない働きやすい職場づくりを支援します。

「職場のハラスメント対策サービス」概要
当社のハラスメント対応チーム

専門の「職場のハラスメント」対応チームが、職場のニーズに応じて以下のようなサービスを提供します。「職場のハラスメント」対応チームは、被害者からの相談、ハラッサーへのコーチング、ハラスメント問題対応や予防に関する企業へのコンサルテーション、ハラスメント防止研修講師等の豊富な経験を積んだ、特定社会保険労務士、弁護士、国際EAP協会認定EAPコンサルタント(CEAP)、臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー、医師等の専門家で構成されています。

「職場のハラスメント対策サービス」の主な構成

サービス内容

概要

1. 研修

〈人事・管理職向け〉

  • 職場のハラスメントの防止研修/ハラスメント問題解決のノウハウ研修
  • アンガーマネジメント研修、アクティブリスニング研修、職場のアサーション研修
  • ミディエーションスキル研修、職場のコンフリクト・マネジメント研修

〈一般社員向け〉

  • 職場のハラスメントの防止研修
  • 職場のアサーション研修、ストレス・マネジメント研修

等、ハラスメント防止に関する多くのプログラムを職場ニーズに応じて提供

2. 人事・管理職への対応コンサルティング
  • ハラスメントの予防コンサルティング
  • 問題が起こった場合の適切な情報収集の方法、問題解決のためのコンサルティング
  • 再発予防のコンサルティング
  • 契約企業向けに「精神障害の労災認定基準」「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」の解説、企業側視点からのパワハラ防止について等、社会保険労務士、臨床心理士が解説するセミナーの実施

等、予防から再発防止までトータルに労務・心理・行動科学の専門家が支援

3. 従業員からの相談
  • 職場の対人関係の相談にハラスメントに関する問題が潜在している場合には、問題が大きくなる前に企業とピースマインド・イープが早期に連携し解決を支援
  • ハラスメントの被害者から相談があった際には、適切な対応方法を提案し、必要に応じて企業と連携
  • 心理状態の悪化を予防するためにリスクアセスメントを行い、必要に応じて医療などの資源に効果的に繋ぐサポート
4. ハラッサー(ハラッサーにならないため)へのコーチング

ハラスメント防止のために自分の気持ちや行動に客観的に向き合うようなノウハウをコンサルティング

最近の主な取り組み事例(抜粋)

以下に、弊社のハラスメントの取り組みの一部を抜粋してご紹介します。

ハラスメント問題解決と組織へのコンサルテーション
企業種別 企業規模
大手保険業 従業員数 約58,000名
住宅関連メーカー 従業員数 約14,000名
OA・情報関連機器メーカー 従業員数 約10,000名
外資系サービス業 従業員数 約2,000名
上級管理職に対するアンガーマネジメントとハラスメント防止コンサルテーション
企業種別 企業規模
大手化粧品・ヘルスケア製品メーカー 従業員数 約32,000名
外資系ヘルスケア・ホームケア製品メーカー 従業員数 約1,000名

※ 他実績多数。

人と組織のレジリエンス強化についての解説本が出版されました!

レジリエンス ビルディング 「変化に強い」人と組織のつくり方
ピースマインド・イープ株式会社 (著)  英治出版

本書は、特に企業の経営層や人事担当者の方が、企業の新しい人材育成・組織戦略として世界的に注目を浴びる「レジリエンス ビルディング(R)」の考え方や導入法が理解できる一冊です。組織のレジリエンス強化に関する基本的な概念から、社員個人のレジリエンス強化法、レジリエンスの人材開発や組織開発への実践的な活用法を、国内外のさまざまな最新事例も盛り込んで紹介しています。【電子書籍版も発売中!】

職場のハラスメント防止対策のお申し込み・お問い合せ

職場のハラスメント防止対策のお申し込み、料金・その他ご不明な点に関するご質問は、以下からお気軽にお問い合わせください。スタッフが詳細な説明を行わせていただきます。

ピースマインド・イープ 営業本部
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら

トップへ