ニュースリリース

第90回 日本産業衛生学会における学会発表を行いました

2017年5月11日~13日に開催されました第90回日本産業衛生学会
(於:東京ビッグサイト、http://procomu.jp/sanei2017/)において、
国際EAP研究センターより下記の学会発表を行いました。

① 市川 佳居 大会シンポジウム
  (インバウンド労働者を支援する健康・メンタルヘルス施策について
② 宮中 大介 一般演題
  (項目反応理論によるストレスチェック制度における高ストレス者選定方式の妥当性の検討
③ 渋谷 英雄 ポスター発表
  (「EAP 支援による効果測定の試み ( 第一報 ) 」 ~2種類の指標(WOSR と PAF)を用いた測定から~
④ 湯佐 真由美 心理技術部会
  (ストレスチェック制度における心理職の役割

お問い合わせ