沿革
 

日本・アジア地域におけるEAP(従業員支援プログラム)、メンタルヘルスサービスのパイオニアとして、はたらく人と組織にまつわる様々な課題解決の支援事業を展開してきた当社の沿革を紹介します。

  • 日本の年間自殺者数が
    初の3万人超
  • 1998
     
  • ピースマインドの前身、有限会社ケイツーコーポレーション設立
    1998年はバブル崩壊後の不景気の中で大手企業が多数倒産し、日本企業が大きな変換期を迎えていました。国内の年間自殺者数が3万人を超えたのも1998年からです。大企業神話が崩れ、企業も変わろうとしている中、企業組織を支えている人の心の問題をサポートする仕組みが必要と考えました。「困っている人、悩んでいる人の助けになりたい。そのために必要な目に見えない人のメンタルヘルスを支える社会インフラを創りたい」という想いが創業の原点です。
    日本初のオンラインカウンセリングサービス「Peacemind」をリリース
    インターネットが黎明期の時代に、国内初のオンラインカウンセリングサービスを開始。
  • 厚生労働省が「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針を発表
  • 2000
     
  • 法人向けEAPサービス「@メンタル」(後のピースマインドEAP)を開始
    日本初のオンラインカウンセリングサービスを搭載したEAP(従業員支援プログラム)サービスを法人向けに本格提供を開始しました。
  •  
  • 2001
     
  • 株式会社ピースマインドに社名変更
    JR東日本グループと業務提携
    国内初のホテル内心理カウンセリングサービス「こころのマッサージルームPeacemind(ホテルメッツ渋谷ルーム)」を開設。
    日本ではまだ一般的なものではなかったカウンセリングを身近なものにしたいという想いから、JR東日本グループ様と提携して、たくさんの人が毎日利用する駅近にカウンセリングルームを設置しました。
  •  
  • 2004
     
  • 第3者割当増資を実施。資本金を6,775万円へ
    株式会社ピースマインド設立
  •  
  • 2005
     
  • 東急ホテルチェーン(現東急ホテルズ)と業務提携し、大阪東急イン(現東急REIホテル)ルームを開設
    関西エリアのカウンセリングルーム・サービス拠点として大阪東急イン(現 東急REIホテル)にカウンセリングルームを開設しました。
  •  
  • 2007
     
  • 職場のメンタルヘルスに関するeラーニングサービスを開始
    プライバシーマーク取得
  • リーマンショック
  • 2008
     
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS/ISO27001)認証取得
    『DREAM GATE AWARD2008』受賞
  •  
  • 2009
     
  • 厚生労働省「メンタルヘルス登録相談機関」登録
    毎日新聞、文化放送、L-netと共同で「クリックからはじめる自殺予防支援」を開始
  • 東日本大震災
    厚生労働省が「心理的負荷による精神障害の労災認定基準」を策定
  • 2011
     
  • 英治出版と共同して『災害時のこころのケア』 10万部を無償配布
    東日本大震災の被災者のメンタルヘルス問題に対処するため、身近で実践可能なストレスケアの指針をまとめた小冊子『災害時のこころのケア』を作成、支援団体や書店を通じて被災地に無償配布しました。
    オプティマムヒューマンのEAP・メンタルヘルス事業の譲受
    株式会社イープと合併
    ピースマインド・イープ株式会社に商号変更
  •  
  • 2012
     
  • 「グローバル人材アシスタンス」サービスリリース
    企業のグローバル化に伴い、海外で働き、暮らす方へのサポートニーズに対応するため、海外赴任者へのサポートサービスを開始。世界の主要大手グローバルEAP企業と提携し、世界約40カ国で多言語対応が可能となりました。
    新組織調査「いきいき職場調査~ココロチェック80」を本格リリース
    厚労省「新職業性ストレス簡易調査票」に準拠した新メンタルヘルス対策として、新組織ストレス調査ツール「いきいき職場調査~ココロチェック80」を新たに提供開始しました。
  •  
  • 2013
     
  • 仕事の生産性を測定するツール「職業場面機能チェックリスト(PAF)」を研究・開発
    従来まで効果測定が困難であった企業向けEAPサービスの利用者の生産性を客観的に評価する調査を行いました。EAPのカウンセリングサービスにおいて客観的な効果を数値化し、公表できたのは日本初のことです。
  • 経済産業省「健康経営銘柄」の選定開始
  • 2014
     
  • 日本初の企業向けワークライフ支援サービス「スマート・ワークライフ」リリース
    子育てや介護など、社員が抱えるプライベートな課題に対し早期解決をサポートする日本初の企業向けサービス。社員が安心して仕事に集中でき、職場でパフォーマンスが発揮できる環境づくりおよび職場のダイバーシティ推進を後押しします。
    「ウエルネス・コーチング」リリース
    心身両面でのアプローチとして、健康・生活習慣の維持、向上のための支援サービスとして、ウェルネス・コーチによるコーチングサービスを開始しました。
    産業医科大学COA方式メンタルヘルスサービス機関機能認定取得
    国内民間企業第1号として認定を取得しました。提供サービスは国際基準(COA:Council on Accreditation)に準拠した品質管理を徹底しています。
  • ストレスチェック制度が施行
  • 2015
     
  • 「ストレスチェック- 職場とココロのいきいき調査(R)」法制化対応にバージョンアップ
    ストレスチェックの法制化に伴い、ストレスチェックサービスを大幅にバージョンアップしました。
  •  
  • 2016
     
  • 一般社団法人日本うつ病センターと産業保健体制分野にて業務提携
    うつ病の専門医によって組織され、高度で包括的なうつ病医療支援を推進する日本うつ病センター(JDC)と業務提携し、ストレスチェック制度実施、企業におけるメンタルヘルス不調の予防、 産業保健分野のサポート体制を強化しました。
  •  
  • 2017
     
  • 名古屋オフィス開設
    中部地域のお客様のサポート拠点として、名古屋オフィスを開設しました。
  • 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立
  • 2018
     
  • 大阪オフィスを移転・拡充
    関西地域のお客様のサポート強化のため、大阪オフィスを移転・拡充しました。

お問い合わせ