社員インタビュー

 

カスタマーサクセス部 2009年入社(中途採用)

少しでもいきいきと働く人を増やしたいという想い

 

前職は求人広告の営業職でした。その仕事では、クライアント企業へしっかり取材を行い、企業の魅力や仕事のやりがい、そして求める人物像についてヒヤリングをして広告で表現し、その職場に合った人の採用につなげることにより、少しでも自分の良さを活かしていきいきと働く人を増やしていくということにやりがいを感じていました。実際に自分が手がけた広告で採用された方が、その後職場で活躍されている様子を伺うと嬉しい気持ちになりました。

一方で、残念ながら、採用後に定着せずに退職されてしまう方も一定数いらっしゃいました。理由は様々でしたが、採用された方がその後も継続してより良く働けるように何かできることはないのか、という思いが芽生えました。これまでは、どのように世の中の人々とクライアント企業をつなげるかという視点でしたが、少しずつ、クライアント企業の中で働く人が、一人でも多くパフォーマンスを存分に発揮できるようにするためのサポートをするということが、私にとって次のステージでやりたいことではないかと思いました。

また、前職では短いサイクルで受注から納品、効果測定と改善活動を繰り返しながら、営業の売上目標を達成し続けることが求められるプレッシャーのかかる職場であったこともあり、仲間の中にはうまくやりくりしている人がいる一方、パフォーマンスを発揮できずにいる人や体調を崩す人もいました。このような人による違いには、少なからずメンタルへルスのコンディショニングが関係しているのではと思いました。まさにはたらく人のメンタル面をサポートするEAPの事業に必要性を感じました。

試行錯誤を繰り返して少しずつサービスの価値を感じて頂く

 

現在は、既存のお客様にサービスの価値を少しでも多く感じて頂くための活用支援を行っています。人事担当者と共にどのように従業員支援の仕組みを作っていくかを考えることは試行錯誤の繰り返しです。組織の課題をヒヤリングし、解決策を提案し、実際に施策の実行支援を行い、その効果を振り返るということは、当たり前のことのようですが、地道に実行していくには、柔軟性や対応力、そして継続力を問われるやりがいのあるお仕事です。

ひとつの案件でもじっくりとお客様との関係を築き、サービスを導入頂き、導入後も十分にご活用いただけるようにプロモーションを図ったり、課題の整理から解決へつなげていくために、お客様と一緒になって考えていくプロセスが進められると、やりがいを感じられると思います。効果をすべて数字ではかることは難しいですが、個別の課題が具体的な解決につながった時などは本当に嬉しく思います。

今後、当社を志望される方にひと言

 

今より少しでもいきいきと働ける人を増やすことや、働きやすい職場を作ることに意義や必要性を感じる方には合っている会社だと思います。そのような人と職場が増えることで、働く人の人生の質が上がるといいなと思っています。

また、なかなか体験できないようなビッグクライアントへのプレゼンテーションや、広がりを見せるグローバルパートナーとの連携など、チャレンジに前向きな方にも合っていると思います。

お問い合わせ